【World Backup Day 】クラウドバックアップを 3ヶ月無料でご提供

お久しぶりです、BackStore です。
早いもので、1ヶ月日が空いてしまいましたが、相変わらず寒いままです。

さて、明後日は「世界バックアップデー」です。

BackStore もこの日にちなんで、【1週間限定】でキャンペーンを行います。
この期間に お問い合わせ をいただいたお客様限定で、クラウドバックアップ BackStore を 3ヶ月無料 でお使いいただけます。

ぜひこの機会にご利用ください!


その1. 世界バックアップデーとは

2011 年にアメリカから始まりました。
エイプリルフールの前日ということで、3月31日が定められているようです。
「大切なデータをバックアップする必要性を喚起しよう、思い出そう」という日です。

なので、新しくバックアップサービスを始めなくとも、今使っているものの復元のテストなどを毎年この日に行ってみるのも良いかと思います。


その2. バックアップの必要性

そもそも、なぜバックアップをする必要があるのでしょうか。

「ビルが倒壊するような地震なんて、来るかわからない」
「何かあったらその時」
「今ちゃんと運用できてる」

という声は多く聞こえてきます。

ですが、多くの企業がバックアップ保存先として利用している NAS は、大きな揺れだけでも故障する可能性があります。
また、2016年から猛威を振るい続けている「ランサムウェア」は、NAS やファイルサーバのデータもまとめて暗号化します。
感染した筐体と物理的に接続されている、あるいは同一ネットワーク内にあるデータが暗号化対象であるためです。

なお、ランサムウェアの全世界での被害額は、去年だけで 10億ドル以上に上ります。また日本国内においても、法人の被害が去年比の 16倍に増大しています。特に日本を標的にし、日本語対応したランサムウェアも発見されています。

このように、企業を取り巻くリスクは多くあり、しかも新しいものが次々に生まれています。創業100年大丈夫でも、今年はランサムウェアに攻撃されるかもしれません。


その3. BackStore とは

BackStore は国内 1,300 社に導入されたクラウドバックアップサービスです。
東京と沖縄に分散してデータをバックアップします。
Windows、Linux、Mac のサーバ・パソコンをすべてバックアップできるほか、データブロック単位の重複排除や、最小1分単位のバックアップなど、高度な機能を多数有しています。

また、ISMS を取得した国内の堅牢なデータセンターを使用し、自動でデータと通信を暗号化しています。

詳しい機能などは、こちらの HP をご確認ください。
導入事例はこちらにございます。


その4. お申し込み方法

こちらのフォームより、必要項目を入力し、記入欄に「バックアップデーキャンペーンについて」とお書きください。
実際の注文が2017年4月3日(月)以降になったとしても、今回のキャンペーンの対象となります。
なお、本キャンペーンご利用のお客様は、1年間契約となります。

※ キャンペーンに関するお問い合わせということが分かれば、文面は問いません


その5. プランについて

バックアップ対象の容量に応じて、最小 5GB から 11種類のプランをご用意しております。
詳細はこちらの料金ページをご確認ください。
プラン以上の容量・台数をバックアップすることも可能です。
詳細はお問い合わせください。

ぜひこの機会に、BackStore をお試しください!

  • Linked-in