統合型データ保護対策セミナー
〜複雑な環境に対応しながら IT 工数を削減するデータ保護〜

本セミナーについて

多くの企業の環境において、オンプレとクラウド、仮想と物理など様々なシステムが混在し、複雑化しています。孤立化したシステムが増えると、管理工数が増加するだけでなく、増え続けるリスクへの対応ができなくなります。

複雑な環境でも一元管理を実現し、工数を削減しながら多様なリスクに対応するデータ保護について、実例やデモを交えながら解説します。

開催概要

開催日時 2019年2月14日(木) 16:00 - 18:00
費用 無料
場所 東京都中央区築地3-7-1 TSUKIJI GRANDE 6F
定員 30名
主催 株式会社ねこじゃらし
共催 Druva 合同会社

スケジュール

16:00 〜 16:45
複雑な環境への対応と IT 工数の削減を実現する統合型データ保護のポイント

オンプレやクラウド、仮想や物理が混在する複雑な環境に対応するデータ保護をシンプルに実現するポイントを、実例を交えて解説します。

Druva 合同会社
システムエンジニアリング本部長
三輪賢一

16:45 〜 17:00 休憩
17:00 〜 17:45
実践!複雑環境のデータ保護

実際にデータ保護の初期設定から、バックアップ開始、復元までを行います。

株式会社ねこじゃらし
クラウドバックアップ事業部 部長
竹下太一

17:45 〜 18:00 質疑応答
18:00 〜 18:30 個別相談会(任意参加 / 軽食付き)

お申し込みフォーム

お申し込み方法

右のフォームに情報を入力し、送信してください。当日はお名刺をお持ちください。

※ 定員に達した場合は、申し込みを締め切る可能性がございます。お早めにお申し込みください。

開催会社について

株式会社ねこじゃらし

2009年からクラウドバックアップ「BackStore」を国内企業向けに展開しています。また自社クラウドストレージサービス「Jector」の開発・運用を行なっています。創業より企業のデータ管理に携わり、3,000社以上の企業顧客を抱えています。

Druva

2008年からデータ保護サービスを開発・運用しています。本社をシリコンバレーに置き、日本をはじめ世界中に拠点を有しています。セコイアや NTT ファイナンスなどから出資を受け、クラウドネイティブのデータ保護サービスのリーディングカンパニーとして、世界 4,000社以上の顧客にサービスを提供しています。