最適なバックアップを探す

企業がバックアップを導入する背景や、バックアップしたい機器は様々です。
BackStore がお役立ちできること、できないことを、企業のお悩み別にまとめました。

 バックアップ対象から探す

キーポイント‥

  •  機器に負荷をかけない
  •  管理が楽
  •  いつでも・どこでも復元とバックアップが可能

詳細‥

サーバのバックアップとパソコンのバックアップでは、要件が異なります。サーバと違い、スペックが低く常にユーザが使用するパソコンのバックアップでは、機器の負荷を上げないことが不可欠です。

また、部署全体、会社全体など多くのパソコンをバックアップする場合、管理が煩雑だと、担当者の本来の業務を阻害してしまいます。バックアップ進捗を一目で確認できる、バックアップ失敗が続く場合に自動的に通知されるなど、一元的かつ手軽な管理を可能にするバックアップサービスが望ましいです。

またサーバと異なり、パソコンは外に持ち出される可能性があります。セキュリティが脆弱で通信が不安定な WiFi に接続する環境でも、安全なバックアップ・復元を継続できなければ、大切なデータは守れません。

→ BackStore の管理機能はこちら
→ BackStore のセキュリティ機能はこちら

キーポイント‥

  •  バックアップしたいデータの性質に合わせる
  •  許容可能なダウンタイムを考える
  •  復旧プランに合わせる

詳細‥

一口にサーババックアップと言っても、サーバの種類によって考えるべきポイントは異なります。ユーザが常にアクセスするアプリケーションサーバなのか、社員がファイルを格納するファイルサーバなのかによっても異なります。

アプリケーションサーバの場合、BackStore のようなファイルバックアップは無意味です。レプリケーションなどを用い、ダウンタイムを最低限にする必要があります。レプリケーションの詳細はこちらをご覧ください。

一方ファイルサーバの場合、業務継続に本当に必要なファイルだけをまず復元できることが、ダウンタイムの削減につながります。イメージバックアップやレプリケーションなどを用いている場合、必要のないファイルまで復元しなくてはならず、ダウンタイムの拡大につながる可能性があります。

データが多く影響範囲の広いサーバだからこそ、性質や復旧プランに適したバックアップを選定することが大切です。

キーポイント‥

  •  Windows OS が入っているか

概要‥

Windows OS が入っている NAS であれば、通常のファイルサーバと同じようにバックアップを行うことができます。ですが組み込み型 OS の場合、通常は NAS に直接クラウドバックアップソフトウェアを入れることができません。

そのため、組み込み型 OS の NAS をバックアップする場合は、別の機器でマウントする必要があります。BackStore には NAS バックアップのノウハウがあります。詳細はこちらのフォームよりお問い合わせください。

 リスク・方法から探す

キーポイント‥

  •  暗号化されない場所に保存する
  •  世代を複数残す
  •  迅速に復元を行う

詳細‥

外付け HDD や同一ネットワーク下のファイルサーバなどにバックアップをしている場合、バックアップデータもランサムウェアに暗号化される可能性があります。ランサムウェアの暗号可能範囲は、「ユーザが操作できる場所」です。ユーザが直接操作できないクラウドやバックアップアプライアンスサーバなどにバックアップする必要があります。

1世代のみ残す場合、ランサムウェアから復旧できなくなる危険性があります。ランサムウェアに暗号化されたファイルをバックアップしてしまえば、健全なファイルが失われてしまうからです。必ず複数世代残す必要があります。

バックアップデータを復元するよりも身代金を支払うほうが早い場合、ユーザはより早く業務復旧できる選択肢を選びます。そうでなくても、ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまえば、社員は業務ができなくなります。ビジネス損失を最低限にとどめるためにも、素早い業務復旧を可能にするバックアップを選択する必要があります。

ランサムウェア対策のためのバックアップに関しては「ランサムウェア対策」ページもご確認ください。

→ BackStore の世代管理機能はこちら
→ BackStore の復元機能はこちら

キーポイント‥

  •  社外に保存
  •  どこでも・誰でも復元できる
  •  ダウンタイムを許容範囲内にする

詳細‥

BCP 対策のためには、社外にバックアップデータを保存することは不可欠です。ビルの倒壊や火災だけでなく、大きな揺れやスプリンクラーの故障、停電、盗難など、社内の機器を取り巻くリスクは様々です。様々な災害対策及びセキュリティ設備を備えたデータセンターへ保存する方が安全です。

また万が一の際には、担当者や、あるいは従業員全員が出社することができなくなるかもしれません。その場合でも業務に必要なデータを復元し、どこででも作業できるようにしておく必要があります。

災害やパンデミックが起きた場合、ダウンタイムの発生は避けられません。ですが、会社によって許容可能なダウンタイムは異なります。どの時点のデータを、どの程度のスピードで復元できれば良いのかを定め、それに適したバックアップを導入する必要があります。

→ BackStore の復元機能はこちら

キーポイント‥

  •  何のデータが被害にあったかを特定できる
  •  バックアップデータの流出を防ぐことができる
  •  すぐに業務を再開することができる

詳細‥

パソコンが盗難被害にあった場合、何のデータがそのパソコンに入っていたかを特定する必要があります。BackStore でバックアップをしていれば、Web 管理コンソールなどで、そのパソコンに何のデータが入っているのかを確認することができます。

仮にログイン情報も共に盗まれた場合、そのパソコンのデータだけでなく、そのログイン情報に紐づく他の機器のデータも危険にさらされます。特定のアカウントのログインや復元を即時ブロックできる機能があることが望ましいです。

また、パソコンを盗まれたユーザがすぐに業務を再開できるよう、バックアップデータを即時クラウドなどから復元できることが望ましいです。ファイルバックアップであれば、業務上最低限必要なファイルのみをまず復元し、そのあとに全てのバックアップデータを復元することも可能です。

 バックアップ方法から探す

メリット‥

  •  重要なファイルのみバックアップできるため、費用対効果が高い
  •  重要なファイルのみ復元できるため、ダウンタイムを最小限にできる

デメリット‥

  •  アプリケーションや OS などを丸ごとバックアップできない

詳細‥

BackStore はこのファイルバックアップです。文字通りファイルのバックアップに特化しているため、重要なファイルだけを選択してバックアップ・復元をすることが可能です。特にバックアップ容量に応じて課金される料金体系の場合、費用を最適化することが可能です。

一方、OS やアプリケーションを丸ごとバックアップすることはできません。万が一機器が壊れた場合は、OS の再設定などが必要になります。

メリット‥

  •  ダウンタイムを最小限にできる

デメリット‥

  •  同じスペックのサーバを用意する必要がある

詳細‥

レプリケーションとは、遠隔地のサーバと社内のサーバをほぼリアルタイムで同期し、同じ内容にしておくことです。社内のサーバに何かあった場合、ユーザは接続先を変更するだけでサービスを受けたり、業務を続けることが可能です。復元作業などは必要ないため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

ただ、社内のサーバと同じスペックのサーバを用意する必要があったり、WAN を超える場合には VPN が必要になったりと、通常のクラウドバックアップよりも割高になります。レプリケーションについては「レプリケーション」ページもご確認ください。

メリット‥

  •  OS 丸ごとバックアップ・復元ができる

デメリット‥

  •  ファイル単位での復元などができない

詳細‥

イメージバックアップは、機器内の全てのデータを1つの「イメージファイル」にし、それをバックアップするものです。そのため、バックアップデータを復元すれば、その時点の OS の状態にいつでも戻れます。OS の設定が煩雑であったり、作り込んだアプリケーションを使用している場合に最適です。

ただし、レプリケーションと同様、バックアップ・復元したいファイルは選択できません。また、このイメージファイルは1ファイルあたりの容量が大きいため、WAN を超えるためには特別な機器や回線が必要になる可能性があります。