クラウドアプリ保護

概要

エンドポイント特化型バックアップ(サービス名:inSync)は G Suite、Office 365、Box、Salesforce のバックアップを行います。クラウドアプリ内にデータがあっても、誤削除やランサムウェアなどの脅威からデータを守るのは、ユーザ企業の責任です。また inSync があれば、クラウドアプリ上からアカウントを削除した退職者などのデータも長期保管することが可能です。

バックアップ対象のデータと復元

G suite 内の Gmail、連絡先やカレンダー、Google ドライブ内のデータをバックアップします。Office 365 では Exchange Online、OneDrive、Sharepoint のデータを保護します。

お使いのパソコンへバックアップデータを復元することも、クラウドアプリ内へ復元することも可能です。inSync 管理者アカウントであれば、バックアップ元とは別のクラウドアプリアカウントへ復元することも可能です。

管理コンソールから 2ステップで設定完了

必要なものは、inSync とクラウドアプリ側の管理者アカウントとインターネットだけです。まず inSync 側にクラウドアプリのユーザと同じメールアドレスを持つアカウントを作成します。次にスケジュール間隔などの初回設定を行えば、あとは自動でクラウドからクラウドへデータをバックアップします。

退職者データの管理

退職者など、バックアップを取る必要のないアカウントのデータを長期保管するため、通常版より安価なライセンスを提供しています。 これにより、すでにクラウドアプリからはアカウントが削除されているユーザのデータも、コストを抑えて長期保管することが可能です。